防犯性を重視するなら防犯カメラの設置台数をチェック!

賃貸物件選びの上で大切なセキュリティの設備

一人暮らしの女性や高齢者にとって、賃貸住宅に住む場合は、セキュリティ設備の充実度が重要なポイントです。エントランスのオートロックやモニター方式のインターホンなどを備えた物件は多いでしょう。特に、オール電化住宅の普及が進むにつれて、オートロックを導入する物件が増えました。不審者だけでなく、宗教の勧誘や押し売りなど招かざる訪問者をシャットアウトできることから、オートロックは賃貸物件の必須アイテムとなりつつあるでしょう。

また、モニター付きインターホンがあれば、各部屋に備えられたモニターの画面で来訪者の顔をチェックできるため、居住者は間違って不審者のためにエントランスの扉を開けることもありません。さらに、警備会社と提携して動体探知システムを備えた物件も増えています。

防犯カメラを設置した物件の注意点

賃貸物件のセキュリティ設備として、防犯カメラも導入が進んでいます。エントランスに防犯カメラがあれば、空き巣などの侵入を防げるでしょう。駐車場に防犯カメラを設置すると、居住者の車へのいたずらや違法駐車なども防止できます。ただし、エントランスと駐車場だけでは、防犯カメラのカバーする範囲が狭く、万全とは言えません。建物の裏口や壁面などにも防犯カメラが設置されていないと、死角ができるからです。居住者のプライバシーへの配慮のため、建物の四面を見張るほど多くの防犯カメラは必要ないですが、侵入口となりそうな場所に複数の防犯カメラを備えている物件の方が安心して暮らせます。

内見の際には、防犯カメラの数や位置をチェックしましょう。