商業施設までの距離を把握しておこう!

日々の暮らしに欠かせない買い物を考慮して選ぶ

賃貸物件選びは家賃や間取り、築年数などが重視されますが、立地環境も無視できない事柄です。特に商業施設までの距離は日々の暮らしの中で行う買い物に直結する問題なので、見方によっては家賃などの条件よりも優先度が高いと言えるでしょう。コンビニやスーパーなど食料品や生活用品がひと通り揃っている小売店が近くにあれば買い物に便利です。また、複数の小売店があれば取り扱い商品や販売価格を比較するなど、買い物の質にこだわることができます。買い物を行う人が自動車の免許を持っていなかったり、近隣に路線バスなどの交通機関がない場合は小売店までの距離次第で入居する賃貸物件が決まると言っても過言ではありません。物件選びの際は近隣の環境をよく確認する必要があります。

利便性の高い物件は見つけるのが難しい

商業施設が近くにある賃貸物件は日々の買い物を便利に行うことができるため、空き物件を見つけるのは容易なことではありません。買い物の手間がかからないのは日々の暮らしの利便性を大きく向上させることから、家賃が割高な物件でもすぐに契約済みになってしまうのは珍しいことではありません。日頃からこまめに空き物件の情報を確認し、希望する条件に合致する物件が見つかったら速やかに入居契約を結ぶ姿勢が求められます。一方で、商業施設の近くにあることを理由に強気な金額で家賃を設定している物件も少なくありません。買い物に便利なのは事実ですが、建物の間取りや築年数も毎日の暮らしの良し悪しに影響する事柄です。

商業施設への行き来だけではなく、生活全般を見て優良物件を選ぶことが重要になります。