夜になると暗い場所はないか確認しておく!

周辺の街灯の数や人通り、交通量を確認

賃貸住宅を探す時、間取りや家賃などと並んで重要なチェック項目となるのが、周辺の環境です。特に女性の単身世帯や、子供のいる家庭では、治安の良い場所を選ぶのが必須条件と言えます。例えば残業で遅くなった時とか、子供が学習塾や習い事から帰宅するのが夜になる場合、帰り道が暗いと心配ですよね。賃貸を選ぶ時には、まず周囲の街灯の設置数を確認しましょう。

細い道が入り組んだ住宅地や、大通りから離れた場所ほど街灯も少なくなり、道も暗くなりがちです。逆に人通りや交通量の多い道に面した場所の方が夜道も明るく、安心でしょう。ただ幹線道路沿いだと、大気汚染の問題もあるし、ひったくり事件も起きやすくなります。ひったくり犯にしてみると、周囲の騒音が大きい方がバイクで接近した時に被害者に気づかれにくく、犯行後も人ごみに紛れて逃亡しやすいからです。

実際に、夜間に現地に出向いてみる

家を借りるなら、大通りから少し入った場所とか、付近に遅くまで営業しているコンビニなどがある物件を探すと良いでしょう。治安が良く、街灯の多い場所にある物件なら、最寄り駅から多少離れていても大丈夫だとは思います。それでも帰宅時間が遅くなった時の交通手段を考える必要があるでしょう。最終バスの時刻、深夜バスの有無、駅前でタクシーを拾いやすいか、といった点も確認して下さい。 候補となる物件を見つけたら、時間帯や日にちを変えて何度か現地に出向いてみることです。同じ場所でも、朝と夜、平日と休日で、人通りや交通量が変わってくることは珍しくないからです。特に夜間に暗くなる場所は、昼間に現地に行っただけでは分かりません。夜間での周囲の環境、それも帰宅経路の明るさや人通りを確かめましょう。