賃貸物件を選ぶ時、どんなポイントを重視すればよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。住みやすさというのは、設備や周辺環境など様々な要素に大きく左右されます。今回は賃貸物件選びをする時に、注目すべきポイントを紹介していきます。

設備に注目して選ぶ

住みやすさに大きく関わってくるのが、物件の設備です。防犯設備やキッチン周りの設備など、色々な設備をしっかり見ておく必要があります。重視するポイントごとに、あったら便利な設備を紹介していくので、物件選びの参考にしてください。

光熱費が気になるならオール電化の物件もおすすめ!

キッチンでオール電化を使う

「オール電化」はその名の通り、室内のすべての設備に対してガスを使わずに電気を使うという意味です。エアコンなどの暖房器具だけでなく、キッチンのコンロや給湯器にも電気を使用します。例えばキッチンではガスコンロではなく、IHクッキングヒーターや電気コンロを使用します。火を使わないという点では安全面にメリットがあるといえますが、IH対応の調理器具が必要になるので注意が必要です。またIHと電気コンロでも調理器具が共通で使える訳ではないので、注意して確認しましょう。しかしガスコンロと比べると熱効率が良いので、より早く水を温めることができます。よって電気を使用する時間が短く済むので、IHクッキングヒーターを使う方が電気代も安く済むといったメリットもありあります。

オール電化でお湯を使う

オール電化の賃貸物件では給湯器は使わず、タンクにお湯を貯めてそれを保温しておくというシステムを採用しています。ここで主に使用されるのが電気温水器かエコキュートです。特に新しい設備であれば電気代の安い夜間にお湯を沸かせておいて、それをタンクに貯めておくことをやってくれるので便利です。そしてお湯をキッチンやお風呂で使って少なくなった時は、また水を貯めて沸かす作業をしてくれるので安心です。電気代について電気給水器とエコキュートを比べると後者の方が安い傾向があるので、賃貸を選ぶ際はポイントとして覚えておきましょう。また古いタイプの電気給水器では夜間に自動的にお湯を沸かす機能が無い場合があるので、事前に確認が必要です。